つくばで心と身体を健康にするブログ

ヨガインストラクター&マドレボニータ産後セルフケアインストラクター11期生。子連れで行けるスポットなど徒然とつづっています。

ずぼらママでも簡単!1歳の誕生日は「一升餅」「選び取り」でお祝い

子どもの1歳のお祝い。ほやほやの新生児から自分の意思で動き、笑ったり、泣いたりと大きな成長の1年でした。これまでの成長を振り返る意味でも、母親になった自分への労いの意味も込めて、しっかりお祝いしたいところですよね。

とはいえ、日常生活を滞りなく回すのに精一杯で、準備に時間を割くのはなかなか難しい。写真スタジオに頻繁に行くのも気がひけるし、何より産休も明けてしまって・・・という方もいらっしゃるのではと思います。そんな悩みも、工夫次第でかんたん解決。素敵にお祝いしてあげることができます。

 

f:id:saori324:20180611221808j:plain

 

一升餅ってそもそも何?

一升餅(一生餅)とは、一升分のお米(約1.8kg)を使って作るお餅のこと。

一升餅の一升(いっしょう)と、

お子様のこれからの人生=一生(いっしょう)を掛けて

  • 一生食べ物に困らないように
  • これからの一生が健やかになるように
  • 円満(丸い形から)な人生を送れるように
  • 一生丸く長生き出来るように

との願いを込めて、お子様の一歳までの成長を祝うとともに行われるお祝いです。

 

どうやって祝うの?

背負餅(しょいもち、せおいもち)

東日本地域では、一升餅を背負わせて座らせたり、お餅を投げつけて歩かせないようにするところが多く、寿の文字や子供の名前を書いた一升餅を1歳の子供に風呂敷や餅袋等で背負わせ、子供が背負い立てない姿、転ぶ姿を将来への夢や希望の願いを込めて見守る行事となっているそうです。

 

踏み餅(ふみもち)

一升餅を大地にたとえ草履を履かせ、「大地にしっかり足をつけ歩んで行けるように」と願いを込め、子供を一升餅の上に立たせる行事とする地域も。

 

縁起の良いお餅で、子どもの初めての誕生日を祝うもの

昔は地域によって多くのお祝い方法が存在していたようで、それぞれ色々な風習として残っているそうです。現代では、風呂敷に餅を包み、斜め背負わせるのが一般的です。

 

選び取り占いという遊び

f:id:saori324:20180611180857j:plain

一歳の誕生日の時点では、まだしっかり歩けない子も多いので、張り切ってお餅を買ったはいいものの、泣いて終了。一通り写真を撮って終了となることも多いのが現実です。そんな時にも親子で楽しめる遊びがこれ。

 

選び取りで占う子どもの将来

意味を持たせた品物を描いたカードを並べ、子供がどれを取るかでその子の将来を占うというものです。簡単で、楽しい遊びです。

 

どんなカードを並べるかは親次第?

電卓のイラストのカード=商売人、絵の具のカード=アーティスト、国会議事堂のカード=政治家・・・などなど、簡単な遊びですが、カードの種類は親が決めますよね。

これこそ親主体の遊びだと思う点ですが、現実社会でも、小さな子供の見る最初の世界は親が用意する範囲のものになります。この時点ではある程度、親の理想が反映されるのかもしれません。

 

以下のサイトで簡単に準備ができます!

息子の1歳の誕生日、長女のときには初めてだったので色々と考えて用意しましたが、その時の経験則から、簡単に、けれど振り返ったときに楽しい思い出にしたいと、今回は以下で注文&ダウンロードしました。

 

名前入りの華やかな一升餅

わざわざ写真館などに行かずとも、素材(餅)が良ければ携帯のカメラでもそれなりに写るはず!とこちらで注文しました。大きな手書きの鯛が可愛いい一升餅です。

item.rakuten.co.jp

 

選び取りカードのダウンロードサイト

娘の時には、フリー素材のイラストを一つ一つ検索して、写真用紙にプリントしてカードを作りましたが、検索したらこんな可愛いダウンロード素材がありました。

archdays.com

 

フォトジェニックなアイテムはこれ!

 

f:id:saori324:20180611180846j:plain

 

3COINSで1つ150円で売っていた、アルファベットのオブジェ。

ただ並べているだけですが、部屋の片隅に写真スタジオのような雰囲気を醸し出してくれます。

 

花紙でペーパーポンポンを手作り!

長女のときには、100円均一で買った花紙で作ったポンポンも。時間が許せばそんなものを作ってみても良いかもしれません。

kinarino.jp