つくばで心と身体を健康にするブログ

2歳と0歳の母。つくば市近郊の「こどもと楽しむ」散策スポット・ランチ・子育て・妊娠・産後ケアなど綴っています。

1歳の誕生日ケーキを材料3つで作る方法

初めて食べる自分のケーキ!

生クリームはまだ食べられない1歳児、でも1年前の生まれてくれた日(この子の母になった日)のことを思うと、最初の誕生日くらいは何かお祝いをしてあげたい、と思いますよね。

使用するのは食べ慣れた子も多い、ベビーダノンです。

 

f:id:saori324:20180608091840j:plain


 

材料:

■ベビーダノン(すりおろしにんじん&りんご) 2個

■食パン 2〜3枚 (写真は6つ切り食パンを3枚使用)

■果物  飾り用に好きなだけ

 

(★ろうそく、チョコペン、ボーロ、クッキー、お花などがあればさらに華やかなケーキになります。)

 

 

作り方:

①食パンをコップで丸く型抜きします。

②ベビーダノンの野菜ピューレを食パンに塗り、縦に重ねて高さを出します。

③ベビーダノンの白いヨーグルト部分をクリームのように食パンに塗ります。

④果物を飾って完成です。

  

ポイント:

大きなお皿に盛り付けて、チョコペンなどで飾ると、バースデー感がアップします。

 

 

写真で解説:

f:id:saori324:20180608091231j:plain

ケーキに必要なのは下の3つですが、デコレーションのために100均でロウソクとチョコペンを買い足しました。使用したダノンは2個ですが、念のため4個準備。

 

f:id:saori324:20180608090941j:plain
①食パンをコップで丸く型抜きします。

f:id:saori324:20180608090917j:plain

②ベビーダノンの野菜ピューレを食パンに塗り、縦に重ねて高さを出します。

f:id:saori324:20180608090907j:plain

③ベビーダノンの白いヨーグルト部分をクリームのように食パンに塗ります。

f:id:saori324:20180608091219j:plain

④果物を飾って完成です。

(スーパーに売っていた旬のさくらんぼ、庭でとれたブルーベリーやミント、ローズマリーなど、色々と飾っています。)

f:id:saori324:20180608090951j:plain

チョコペンで書くときには、カップ1杯の水をレンジでチンして少し湯せんにかけてあげるとチョコが柔らかくなって上手に書けます。 

f:id:saori324:20180608093511j:plain

 

 

 

■実食の感想:

長女の1歳バースデーの時は、水切りしたヨーグルトで作りましたが、その時よりも子供達の食いつきが良かったです。水切りの手間も省けて、思い立ったときにすぐ作れるのがいいですね。

 

 

いかがでしたか?

スポンジケーキを焼く手間もなく、フルーツを飾ればなかなかにフォトジェニック。

簡単なので食べてくれなくても「まーいっか」と思える手軽なケーキです。

食パンを食べたことがないという赤ちゃんも、ベビーダノンの野菜ピューレで食パンはしっとりしているので小さくほぐせば安心です。

口の周りがダノンでベタベタになりますが、そのくらいわんぱくに食べてくれて嬉しい!という余裕がもてる特別感がまた誕生日の醍醐味ですね。