つくばで心と身体を健康にするブログ

2歳と0歳の母。つくば市近郊の「こどもと楽しむ」散策スポット・ランチ・子育て・妊娠・産後ケアなど綴っています。

なないろレディースクリニック「分娩予約をする方法」

 

2015年夏、なないろレディースクリニックで計画無痛分娩の出産をしました。

その時の体験を連載形式で綴っていきます。 

f:id:saori324:20180511120013j:image

結婚5年目にして待望の第一子を授かりました。

さてどこで産もう?

 

当時は都内に住んでいましたが、家を建てるなら・・・と

妊娠前からつくば市への引越しを決めていました。

産後、縁もゆかりもない、もちろん友達もいない土地で、

仕事もしていない(妊婦)私が子育てを始めることになる。

 

それならば

 

つくばで産んで出産をきっかけに知り合いをつくろう!

里帰り出産で、新生児の可愛い時期を母親がひとりじめして

父親である夫が見られないという状況も申し訳ない。

そもそも男性はお腹の中で赤子を育む経験をしないから

父親の自覚が芽生えるのが遅いと聞くし。

二人の絆を深める良い案なのでは?

 

という安易な理由で、つくばで産むことを決めました。

 

その先は、つくば市で分娩予約が取れないと人気の

なないろレディースクリニック

土地勘のない私が、ネット検索した際に

無痛分娩も選択肢に入ること。

院長の経歴に山王病院があったこと。

何より、建つ予定の家から近いこと。

が安心材料でした。

 

他にも、食事が美味しい、院長のフットワークが軽い、出産DVDが貰える、入院準備が少なくて済む、などなど。快適なお産を物語るクチコミが多数の産院です。

 

が、様々な口コミを見ると妊娠8週でも、予約が取れないと書かれています。

 

初診は電話から2週間先になります。

初診の予約は電話受付のみです。

ドキドキしながら7週で電話をかけると、口コミ通りの対応。

2週間後(場合によってはもっと先)の受診では9週になります。なないろでの分娩を考えていることを伝えると、診察時には予約がいっぱいで分娩をお受けできない可能性がありますがそれでも診察を受けられますか?とのこと・・・。

知人の産婦人科医に聞いた、妊娠8〜9週で分娩予約を断られることなんてそうそう無いよという話、ここつくばでは通用しないかも。という結果でした。

 

 

後に判明した、なないろレディースクリニックの分娩予約状況

不妊治療で通っている方は5週で分娩予約を入れる。

(なないろの不妊治療を経ての妊娠は、当然優先予約枠になる)

・初診ではない、なないろでの出産が、2回目、3回目、4回目の妊婦がいる。

(こちらも診察券があり、妊娠判明と同時に分娩予約をする)

⇨妊娠8〜9週で、分娩予約を断られた妊婦がほとんど。

 (私は9週の受診の際に、黒田先生に「ラッキーだね。たまたまさっき分娩予約のキャンセルが1件出たんだ。ほら、ここ。」という運任せ枠に入ることができました。=9週で既にいっぱいだったということです。)

 

縁もゆかりもないあなたが

なないろレディースクリニックで分娩予約をする方法:

妊娠前に、診察券を作っておく。

 

 

これに尽きるかと思います。

 

初診は電話予約のみで、その場合、大抵2週間先になります。

2週間先まで予約がいっぱいなのです。

ですが診察券があると、診察番号によるインターネットでの診察予約ができます。

ここで予約状況を逐一チェックすると、ポコポコっと翌日の枠が空いたりするのです。(予約のキャンセルもインターネット上でできるため、誰かがキャンセルした枠が反映された。)

 

 

産後、初産で「なないろレディースクリニック」で産んだことを話すと、本当にたくさんのお母さんたちから、よく予約が取れたね〜!!!と言われるため、まとめてみました。

どなたかのお役に立てば幸いです。

 

現在なないろレディースクリニックは大規模工事中で、新病棟を建設中とのこと。

より多くの、ここで産みたい妊婦さんを受け入れることができるようになるのでしょう。楽しみです!