つくばで心と身体を健康にするブログ

2歳と0歳の母。つくば市近郊の「こどもと楽しむ」散策スポット・ランチ・子育て・妊娠・産後ケアなど綴っています。

ヨガでは痩せない!?

f:id:saori324:20180507145618j:plain

GW最終日の5月6日。つくば、ヴィエリーのハートオープンヨガ。

過去最少人数、13名での開催です。

 

マット上で広々と手足を伸ばすことができ、

お一人おひとりのアライメントのチェックもできる人数。

スタジオ運営としては好ましくないかもしれませんが、

このくらいの人数が個人的には好きです。

 

本来、ヨガは一対一で教えるもの。

柔軟性も、筋力バランスも、体の使い方の癖も、これまで生きていた体の年輪は

みんな違います。

普段から同じアーサナ(ポーズ)でも、初心者に負担のすくない軽減法と、負荷を強めたい方へのアドバンスポーズへの誘導など、クラスにいらした方の構成に合わせてお声がけしています。が、プライベートクラスで細かく見て調整していくのとは、身体の変化を実感するまでの速度が変わります。

アイアンガーヨガのB.K.S.アイアンガーやアシュタンガヨガのS.K.パタビジョイスの師であった現代ヨガの祖:クリシュナマチャリアは、身体の弱いアイアンガーと運動神経抜群のパタビジョイスでは、教え方を変えていました。

 

痩せるというよりは、太らない心身がつくられるという方が近い。

クラス終了後、次のクラスを受けられる方がヨガレギンスのサイズの話の流れで「ヨガでは痩せないと言われたので・・・」と談笑されていました。

確かにヨガでの消費カロリーだけを見ていくと、そうだろうなぁと共感です。

ですが、私自身はヨガを生活に取り入れたことで、好きなものを好きなときに好きなだけ食べても太らない身体になりました。ストレスによる無意識下の間食や惰性での食事が無くなり、体に不必要なものを食べたい!という欲求が減ったのだと思います。食べることは、とても手軽な発散になりますよね。

そんな経験則から、ヨガは痩せるというよりは一人ひとりの適正体重内で心地よく、「太らない心身をつくることができる。」ということだろうと感じています。

 

 管理と制限で痩せるのか、いつの間にか適正体重になっているか。

ちなみにライザップなども同様で、痩身を叶えるには今の体型がどうやって作られているかを見つめなおすことから始まります。しかし「食べたい!」という欲求を抑えるとストレスがかかる反面、ヨガによって神経系が整えられて、そもそもその欲求自体が消えていくと、本当にストレスなく、食べたいものを食べたいときに食べたいだけ食べる!という生活になっていきます。

私自身は、食べることも旅先の楽しみと思っている食いしん坊なので、旅行に行くと1日で数キロ増していますが、日常生活で気がつくと元に戻っているといった具合です。