つくばで心と身体を健康にするブログ

ヨガインストラクター&マドレボニータ産後セルフケアインストラクター11期生。子連れで行けるスポットなど徒然とつづっています。

新緑の季節

f:id:saori324:20180409221522j:image

8日のつくばヴィエリー 、ハートオープンヨガは1名キャンセルで参加者23名。

新年度の入学式のピークが先週だったのか先週よりもだいぶスタジオ内が混み合っていました。

青空が広がる空に気温18度と過ごしやすい日。

珍しくオープニングトークも、身体の構造から入るのではなく季節感をとりいれました。

わたし、この新緑の季節が一年でいちばん好きです。例年より随分はやい到来ですね。

 

街路樹や公園の木々から一斉にみずみずしい若葉が萌えはじめ、活き活きとした生命のエネルギーを感じずにはいられないこの時期。

すがすがしい風に自然と呼吸も深まります。

冬枯れしていた木が(2歳娘の表現では裸んぼうの木)柔らかく鮮やかな葉を芽吹く様は、歓喜に満ちてすらいて。ここから草花が開花して、春の息吹が大地を撫でたことに気づきます。

あー、うれし。あー、たのしみ。

 

今日の雑談から。

つくばのコラーゲンホットヨガにいらっしゃる年齢不詳メンバーのお一人Mさん。先週3番目のお子様の高校入学式を終えて髪を短くされていました。

子供の小学校から高校まで入学・卒業式はすべて着物で出られているとのことで、髪を結うために切らずにいたけれども終わったので〜。と!

なんとまぁ、ステキな話だと感嘆。

憧れます。

着物を着る親御さんも増えていて、どの子供たちの式のときにも一定数いた(やはりいつも同じ顔ぶれだけれども)とのことでした。

入学式の準備だけでも大変なのに、それに合わせて自身の着付けと髪のセット。

色々な余裕がなければ憧れだけで終わるだろうなぁと、安易に想像できました。

兄の結婚式も、子供達のお宮参りも、当時の事情と動きやすさから洋装で済ませてしまっているものの、年齢を重ねて着物への憧れが募るのは日本人の血でしょうか。

着る機会もつくらないと無いですからね。

目標ができました。

 

先週めずらしくお休みされていたNさんも、定位置にいらして一安心。

いつもお話するTさんと年齢を開示し合って、彼女が3つ年下だということがわかりました。

10代から70代まで、幅広い世代の方がクラスに来てくださっています。