つくばで心と身体を健康にするブログ

ヨガインストラクター&マドレボニータ産後セルフケアインストラクター11期生。子連れで行けるスポットなど徒然とつづっています。

あなたの遺伝子型はどれ?〜りんご型(カパ)・洋ナシ型(ピッタ)・バナナ型(ヴァータ)〜

f:id:saori324:20180403003540j:image

4月1日のつくばヴィエリーのハートオープンヨガ。

新年度の始まりの日、キャンセル3名で参加者16名でした。

開始前にTさんとお喋りしていた時のこと。

彼女は日本人としては長身で手足が長く、出るところが出て締まるところがしまっているメリハリのあるスタイルの持ち主で、りんご型(≒アーユルヴェーダでいうカパ)体型ですが、ご自身では下半身が太りやすい(洋ナシ型の体質)と感じており、すらりと細いモデル体型(バナナ型≒ヴァータ)に憧れているようでした。今現在のスタイルもパッと目を惹くTさん、すごく恵まれた体質なのでこのバランスのままこのカテゴリーの最上を目指しましょうという話をさせていただきましたが、別のカテゴリーを目指す努力は遺伝子的にもアーユルヴェーダにおいても困難を極めます。

 

人の遺伝子中の代謝に関する遺伝子「肥満遺伝子」にはいくつか型があり、

その中に3つ、日本人の97%がそのいずれかを持っているという遺伝子があります。

◆バナナ型:β2AR(ベータ2アドレナリン受容体遺伝子)
◆りんご型:β3AR(ベータ3アドレナリン受容体遺伝子)
◆洋ナシ型:UCP1(脱共役タンパク質1)
これらの型ごとに、体型だけではなく、基礎代謝量、脂肪のつきやすい場所、食べ物の好み、また効果的な運動方法などに特徴があります。 
【リンゴ型】
体型…内臓脂肪がつきやすく、みぞおちのあたりがポッコリと出る全体的に丸い体型。
性格…比較的温厚でマイペースな人が多い。
体質…基礎代謝が一番低く太りやすい。男性や更年期後の女性に多い。
嗜好…米やパンなど糖分の多いものや、ビールなどを好む。
特徴…消化が早く食べ過ぎの傾向に...
【洋ナシ型】
体型…骨格が大きく筋肉質。 下半身が特に太り易く、お尻や太ももの脂肪が多い。
性格…頑固で気の強い人が多い。熱中しやすいタイプ。
体質…基礎代謝が低く太りやすい。女性に多い。
嗜好…脂肪分の多いもの、肉類や、揚げ物、ケーキ類などを好む。
特徴…皮下脂肪がつきやすく、内臓脂肪に比べ落としにくい。
【バナナ型】
体型…手足がほっそりと長く、筋肉も少なく身体が薄い。下腹ポッコリの人が多い。
性格…神経質で完璧主義で、細かいところにもこだわる。
体質…基礎代謝が高めで食べても太りにくいが、一度太ると、筋肉が少ないので脂肪が燃えにくい。
嗜好…野菜や魚、果物、などヘルシーなものを好む。
特徴…消化器系が弱く、冷え性、むくみやすい人が多い。

 

この遺伝子型(セルフチェック)は現代の科学的なアプローチですが、興味深いことにインドの伝承医学であるアーユルヴェーダでも同様に体質に対する3つの分類があります。参考:アーユルヴェーダ体質診断

各体質のチェックポイントを見ていきましょう。

 

【カパ(≒りんご型遺伝子)】

  • 体格は大柄でがっちりしている方だ。
  • 太りやすい方だ。体重も比較的重い。
  • 肩幅は広く、お尻も大きい方だ。
  • 色白で、肌はしっとりしているがなめらかな方だ。
  • 丸顔で顎もしっかりしている。
  • 肥満しやすく、手足の血管も見えにくい。
  • 覚えるのは遅いが、いったん覚えたことはなかなか忘れない。
  • 物静かで、話し方もゆっくりな方だ。
  • 保守的で執念深い。物事に執着することが多い方だ。
  • 忍耐力があり、我慢強い。

 

【ピッタ(≒洋ナシ型遺伝子)】

  • 体型は中肉中背で平均的な方だ。
  • よく食べる方だ。体重の増減もある。 
  • 暑さが苦手で、汗っかきな方だ。
  • 関節はやわらかく、柔軟な方だ。 
  • 顔はひし形で、肌の色つやは良い方だ。鼻筋は高い。
  • 顔や肌の色は赤みや黄色みがあり、日焼けしやすい方だ。
  • 話し方は明瞭ではっきりしている方だ。
  • 自己主張ははっきりしている。人にもきびしい方だ。
  • 気が短く、イライラして怒りっぽい。
  • 計画的だが、完璧主義者的なところがある。

 

【ヴァータ(≒バナナ型遺伝子)】

  • 体型は痩せている。あるいはもともと痩せていた方である。
  • 食べても太りにくい方である。
  • 肩幅が細く、お尻も小さい。華奢な方である。
  • 手足の血管や関節がはっきりしている方である。 
  • 顎が小さく、鷲鼻な方である。顔の左右が対称的ではない。
  • 歯並びがあまりよくない。大きさも不揃いな方である。
  • 早口で、よくしゃべる方である。
  • 好奇心が強く色々なことに関心を持つが長続きしない。
  • 動作は素早いが、落ち着きがない方だ。
  • 記憶力は良いが、忘れるのも早い方だ。

 

いかがでしたか?

3つの肥満遺伝子の構成と酷似しており、おおよそ3パターンに分けられることに合点がいくのではないでしょうか。これまで同じ生活をしているのに太りやすい人太りにくい人などの差、体質の違いを感じたことはあるかと思います。

ご自身に当てはまる遺伝子型、体質は見つかったでしょうか。

様々なダイエットを繰り返している方は、もしかしたらご自身の遺伝子型を知ることが自分自身に最適な体型を管理する第一歩になるかもしれません。

遺伝子型に関しては、チェックリストよりも確実に口の中の頰の粘膜を採取して調べる方法もありますので、ご興味のある方は調べられても良さそうです。